So-net無料ブログ作成

食べる

今中国ではオリンピックに向けてのモラル向上の一環で
犬などを食べることへの反対運動が起こっているらしいのだけれど、
なんと言っていいかわからない。

もちろん、反対だよ ! ! 犬を食べるなんて。
犬、を食べるなんて・・・ ! ! !

 

だけどね、反対するだけじゃだめなんだ。と思うの。
犬を食べちゃいけないんなら、牛や豚だってだめだよね。
線引きは誰がするの? 誰かが決めていいことなの??

可愛いなら食べちゃだめなの?
賢いなら食べちゃだめなの?
人間に慣れないのは食べてもいいの?
食べるために生まれた(養殖)ものは食べてもいいの?

運動するとエサをよく食べるのが不経済という理由で、
まっくらな中に押し込められて身動き出来ないほどギューギューの鶏さんたち。
太陽を浴びることができるのは唯一出荷されるときだけ。
どうせすぐに「出荷」だからと敷き藁も換えてもらえず自分の糞尿にまみれた牛さんや豚さん。

 

犬を食べるなんて、確かに酷い。酷いことだ。
だけど、だから、他の命だっておんなじだってことも考えて欲しい。

私たちは生まれながらにどうしようもない事実を背負っている。
自分以外の命を口にしなければ生きて行けないということ。

「これなら食べてもいい」「これは食べちゃいけない」
なんて誰も決められない。

だから、
感謝していただこう。
残さず食べよう。
最後まできっちり利用させていただこう。
必要以上に買ったり、毛皮のためだけに殺したりすまい。

スーパーでパックされているもの、あれは命です。
そのふわふわの手触りのいいもの、それは生きていた誰かの体の一部です。

 


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。